【参加チケット】切り取って、焼き付けて、見つけ出す〜あなたの大切な「人」を〜「もとくらの写真 / 現像室」

¥ 5,900 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

【チケット購入にあたって】
・各種交流のベースはオンラインです。利用するのはチャットアプリの「Slack(スラック)」やビデオ通話ができる「zoom」です。各地域にお住まいの方でも、オンライン上で交流できます。はじめての方も仲間に教えてもらいながら慣れていきましょう。リモートワークの練習にも是非。

・金額は5,900円で11月〜1月までの3ヶ月参加可能です。

【入会手続きについて】

[1]BASEで決済いただく
[2]BASEにご登録済のメールアドレスよりSlackにご招待します

ご質問がありましたら、DMまでお送りくださいね。返信に数日かかるかもしれませんが、ご連絡させていただきます。

■Twitter ID:@takurokoma
https://twitter.com/takurokoma)

それではどうぞよろしくお願いいたします。

※コミュニティの始動は11月上旬〜中旬を予定しています。
※5日以内にご入金が確認できないと無効となります。

【コンセプト|『もとくらの写真 / 現像室』をはじめます。】

「もとくらの写真 / 現像室」は、写真が好きな人、これから写真を学びたい人、写真をつうじて大切な人を大切にする暮らしをしたい人が、写真を楽しみ、学びあいながら交流できるグループです。

写真の撮り方から編集、撮った写真をどう暮らしに活かすか等のアウトプットの方法を含め、写真をテーマに活動、情報交換や雑談をしたいと思っています。

【オンラインコミュニティで交流される内容】
・「写真」と「暮らし」がテーマの日々の雑談や情報共有
・コミュニティ内限定のノウハウやスキル、仕事のシェア
・レタッチや撮影のオンライン勉強会
・写真を軸にした各種「プロジェクト」の発足(PHOTO ZINEを作る等)
・テーマごとの「部活動」の発足

もちろん積極的に発言してくれたり、写真の話をシェアしたり、新しいプロジェクト、食事会やイベントなどを立ち上げてくれる方、大歓迎です。

集まったメンバーで、ケの日は暗室に籠もり、ハレの日はいづれ「写真展」の開催や「フォトツアー」なんかもやってみたいですね。

コンセプトなど詳細は、是非『灯台もと暮らし』にてご確認ください。
URL: http://motokurashi.com/motokura-photo/20181029

【ゲストメンバー 一覧】(順不同)

「もとくらの写真 / 現像室」は、プロのフォトグラファーをはじめとするゲストのみなさんにも、ご参加いただきます。

・堀口英剛さん
1990年生まれ、埼玉県出身。早稲田大学商学部卒業後、ヤフー株式会社に就職。本業の傍らモノメディア「monograph (http://number333.org)」を運営し、2017年に独立。現在は株式会社dripの(http://drip.co.jp)代表取締役を務める。ポプラ社より「人生を変えるモノ選びのルール」を発売中。カメラはα7 R3を使用、陰影がくっきりとした男らしい写真が好きです。

・平岡 雄太(Fukulow)さん
1990年大阪生まれ。ファッションを中心にしたメンズWebマガジン「DRESS CODE.(https://www.fukulow.info/)」管理人。大阪大学法学部 法学科を卒業後、新卒でYahoo!JAPANに入社。Webマーケティング業務に3年携わったのち、2017年1月に株式会社ドリップを立ち上げ代表取締役COOに。メインで使っているカメラはFUIJIFILM X-Pro2とLeica M6。最近はフィルムカメラに夢中。

・土田凌さん
1992年生まれ。明治大学政治経済学部を卒業後、人材広告会社に入社。退職後、趣味で始めた写真を仕事にしたいと思いフリーに。家族カップル、ブライダルを経験し、現在は取材・観光・暮らしをメインに活動中。食卓のメディア「つちめい飯(https://www.instagram.com/tsuchimei_meshi/)」旅でも暮らしでもないメディア「hyphen,(https://www.instagram.com/hyphen_mag/?hl=ja)」を運営しています。使っているカメラはNikon D800。食べ物の写真を撮るのがブームすぎて、スマホの壁紙がニンニクを炒めてる所です。

【オーガナイザー】
オーガナイザーを務めるのは、『灯台もと暮らし』の編集長でありフォトグラファーの小松崎拓郎(タクロコマ)です。

・小松崎拓郎(タクロコマ)
1991年茨城県生まれ。法政大学経営学部 市場経営学科卒業後、2015年に株式会社Waseiに入社。これからの暮らしを考えるメディア「灯台もと暮らし」立ち上げに参加し、現在編集長。オリンパス公式アンバサダー。8月にはオリンパスプラザ東京・アンバサダースクエアにて「好きに夢中。」展を開催。12月上旬からベルリン生活をスタート。